読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WETな備忘録

できなかったときの自分を忘れないように

数人で集まって飲むなら、誰かの家で料理つくって振る舞うほうが面白い。外行くの疲れる

「何が分からないかが分からない」ってそれ本当ですかね?【第1回「恥ずかしい勉強会」を開催しました】【#hazukac】

今年の東京は他所にくらべて遅れているとはいえ、ようやく夏の空気になってきている今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。そういえば僕はまだ蝉を聞いてないので、イマイチ夏っぽい気分にはなれません。 もくじ 「恥ずかしい勉強会」というのを開催し…

誰も悪くない組織無能化の仕組み 〜ピーターの法則とブートストラップミスマッチについて〜

ぁぁぁ... 僕はかつて、無能な上司に悩んだ事がある。 しかし本当は「思うように動いてくれない部下」に僕の30倍頭を悩ませる上司が1人いるだけだった。 僕はまた、思うように動いてくれない部下に悩んだ事がある。 しかし本当は「無能な上司に悩む部下」が…

一年くらい無人島で生きたい。電気水道ガス無しで。

もう寿司なんて食わない

神楽坂すしアカデミーというお店がある。ここでは予約を取れば3500円で回らない握るお寿司が食べ放題である。その帰り道の話。 僕は歩くのが好きだから、神楽坂から自宅のある乃木坂まで、寒の戻りな夜風に撫でられつつ帰った。京都の夜道とは違う、だけど東…

手紙

今日、手紙が来た。 「拝啓 お元気ですか?ぼくは基本的には元気ですが、最近ハゲたハゲたと言われ少し気にしています」 という書き出しで、この手紙は始まっている。 一日は短く生きろ、一年は長く生きろ 1年という単位はとても不思議だ。 「1年で何を成し…

入社一年後の教科書(sudo /etc/init.d/me restartしました)

というのは釣りタイトルなのだが。 入社してちょうど一年経っただのからこそ、まとまった休みを頂いた。その期間に読んだ本を備忘録。 読んだ本20 1. ストロボライト作者: 青山景出版社/メーカー: 太田出版発売日: 2009/08/04メディア: コミック購入: 15人 …

【雑文】ぼくとししおどしとお水と技巧

考えを晒すようなものを書きたい多くの場合は、それは思考のオーバーフローに他ならないと思っている。感情のオーバーフローの場合もあると思う。何かを分析したり思案したり、感じたり考えたり悩んだりして、それに発見や感動があったりして、そしてそれが…

僕の就活で役に立った質問まとめ【どうしてこうなった】

「やりたいことやるべきだ」と、言いかけて僕は慌てて口を閉じた。 自分で自分の「やりたいこと」が分かっていれば、僕らはこんなに悩まなかったはずだった。 目次 「それが分かれば苦労ねーよ」 僕を助けた後ろ向きで生産的な問いかけ ひとつめの質問 ふた…

成長期ベンチャーが陥る新卒教育の罠〜 あらゆる悲鳴は“甘え”か 〜

おうふ... IT系のベンチャーが大きくなるのを目の当たりにしてますね。時代的なことかもしれないですね。「会社の規模も大きくして自分が作った会社を盤石のものにしたい」と考えるその気持ちは分かります。そして当然「新卒を大量に採用する」というフェー…

どうやら、人生とは今日のことを言うらしい

今日は、きっかけがあり、かつてお世話になった会社を出たときのメールを見返した。 そこには、コメントアウトで /* Life is today */と書いてあった。 忘れていたが、どうやら、Life is today らしい。 人生とは今日の一日のことを言うらしい。 何のこっち…

素直とは性格でも才能でも無い、という反論

さいしょに大枠 「素直になれ」としょっちゅう言われる 素直とは何か辞書でひいてみた 「覚えてません事件」 復唱するということは、復唱できるということ 誤解や曲解なく理解するためには? だから、素直とは「能力」なのだ ちょっとまとめ だから素直さは…

自分の弱さと対峙するなんて馬鹿げてるんじゃないか、という今年の抱負

今年の抱負的なエントリを書かなきゃならんだろうなーと思い思いもう4日になってしまった。できれば三が日内に書きたかったのだが、今日は仕事初めだし、まあ今日でも許容レベルかな、と思う。 ストレス、それも自分起因のストレス 突然だが、最近僕がよくス…

会社に入ってなぜ夢を忘れるのか::僕の場合

はじめに 学生のときの友人と久しぶりに東京で会ったりすることがしばしばある。 大学にいたときの彼らは今まで会った誰よりも知性とユーモアに溢れ、奇抜な発想と冷静な分析を兼ね備え、時に冷めて僕の夢を批判し、時に熱く彼らの夢を語ってた。そういう時…

何をもって「良し」とするかが、もしかしたら大きな差を生むかもしれない件

はじめに 吹き荒れる僕の先輩風をモロに受けている田中氏と小綿氏に贈る 1/4 毎日一日中PCの前に座って黒い画面に映るカラフルな文字列を眺めたり書いたりするだけのムツカシイお仕事をしていて、それ自体はたいそう楽しいのだが、それ以外にもやれ報告だや…

超凄いオナニー

技術力がちょっとづつしかし確実についてきて、「作りたいな」と思ったものが実際出来上がるまでの時間がめちゃくちゃ短縮された。1年前だったら「うわー途方も無い」と思ってたものが、「アレをこーしてあーしてソレをぺろっとやれば、うわ、出来ない」く…

そういれば

そういえば、ちょっと前にいい話を聞いて、イイナハシダナーと思ったので、ひとりごと 評論家とか 紋切り型の話を聞きました。それはもう陳腐な文言ですね。何万年前から使われてるんだか、っていう決まり文句。 「評論家になるな、探検家になれ」的な。 ソーッスネー…

僕が感じていた「やりがい」という言葉のうさん臭さ

最も尊敬する友人の一人とお寿司を食ったが、それはたいそう美味しかった。目当てにしていた安くてうまいサーモンは無かったが、安くないサーモンが食えたので、それはそれでもよかった。 =============================== 未熟な「僕」と、やりがいと 4月…

「型」とは何だっけ

僕は大学のある期間(「ある期間」であったことが今では悔やまれる) 毎日、ある"空手の型"をやっていた。 昨日は雑多なタスクに時間をかけたり、雑多ではないタスクが調子良かったりで、結局徹夜したのだが、徹夜すると時間ができて、いつもできなかったこ…

だんだんDRYになってる備忘録のWETな方

「吐きたい夜は書きたい夜かもしれない」 などとそれっぽいこと書いたのはいつだったか。 飲む機会はそんな無いし、飲んだとしても吐くほどでもないし、そして何より、吐かせてくれない書かせてくれない。翌日の仕事もあるし、土日でもやりたいことはパンッ…

「やった後悔よりもやらなかった後悔の方が大きい」という謎の名言について

何かに迷ってる人に向けて、じゃあこれをした方がイイヨ、ということが伝えたいのではないことを、まず伝えておく。 ================================================= 「やった後悔よりもやらなかった後悔の方が大きい」という名言じみた言葉をよく耳にす…

助言はするな、助言はされるな

最近、いろいろな場面でこの話をすることが多いので、 一度まとめてみる。 =================================================== 「教えたがり」という人種がいる。何を隠そう、僕もそうなのだが。 アメフトのコーチをしているときは、よくそれで監督から…

「後悔なんて、あるわけない」 【社会圧に負けそうな時】

まずはじめに、 お互いに異分野だけど、上位概念化した話が通じて、 建設的な会話ができる相手がいるのって、本当に幸せなことです。 ////////////////////////////////////////////////////////// 備忘録 ////////////////////////////////////////////////…

ワサビが食えないって話

「ワサビの話」というのは、 何度となく語られた話。 第一回記事セルフ厨二ングはじめました の内容の簡易版みたいな話。 /////////////////////////////////////////////////////////////////// ワサビの話。 これは、人は変わるね、って話。 ( 適宜、「…

やりたいことが無いときは

twitterで色んなひとと話していて、 自分の中で、「ああそういうことだったのかな」となったので、 書き起す。 ////////////////// 「やりたいことが見つからない」と言って悩んでいるひとは多い。 大学4年生で、ぼくはやりたいことなんて無かった。 今に…

僕の就職活動のまとめ『残念だけど、やりたいことをやるしかない』

就職氷河期と言われるその最中に何度も留年をキメて、 エントリーだけを数えるなら60社ほどに応募した。 結果から言うと、2社内定をもらえた。 今思えば、1つ内定をもらってから、僕の就職活動は本当の意味で始まった。 //////////////////////////////…

『お詫び』〜大切なことはヲシュレットが教えてくれた〜

拝啓 新年、あけましておめでとうございます。 寒さの厳しい元旦となりましたが、皆様におかれましては今年もご健勝のこととお喜び申し上げます。 さて平素は、わたくしどもトイレを使用していただき、誠にありがとうございます。 この度、 「排便行為のクロ…

バブリーな夜に

内定者も社員総会に出席せねばならないとは、予想してなかった。 非常にバブリーな夜だった。 派手な演出、 一通り会場があったまったところで、豪華ゲストの登場、 ステージ上で美人なねぇちゃんが踊る、 イケメンなにぃちゃんが歌う、 それはもう、写メも…

セルフ厨二ングはじめました

就職を目前にした僕は、 今感じることを、ちゃんと残しておこうと思う。 ついこの間まで塾の先生をしていた。 そこで大事にしてほしいと思っていたことが 「できなかった頃のことを忘れない」 ということだ。 たとえば、 自転車に乗れるようになって、 ぼく…