読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WETな備忘録

できなかったときの自分を忘れないように

だんだんDRYになってる備忘録のWETな方

「吐きたい夜は書きたい夜かもしれない」

などとそれっぽいこと書いたのはいつだったか。

 

飲む機会はそんな無いし、飲んだとしても吐くほどでもないし、そして何より、吐かせてくれない書かせてくれない。翌日の仕事もあるし、土日でもやりたいことはパンッパンに詰まっているし。

充実してるのだ。極めて健全に。しかし。

 

//////////////////////////////////

 

「就職してからああもう一ヶ月も経ったのか」

と感じていたのはもう一ヶ月前のことになってしまった。

 

それにしても、自分で設定したネーミングとはいえ、ここまで顕著に傾向が出るとは思わなかった。

DRYな方は更新があるのに、WETな方は就職してから一度も更新してなかった。

 

あまりに示唆的で、面白い。どんどん乾いていってるw

 

////////////////////////////////////////////

 

区切りだし、そもそもWETな備忘録を作った意義でもあるので、今までの備忘録を読み返した。

 

やはり、過去の自分に叱られるところが何度もあった。

彼は忘れてなかったのに、僕は忘れていたところがあった。

 

それだけでもこの備忘録があってよかったと思う。

 

////////////////////////////////////////////

 

 

今回とくに書きたいトピックが無いけど、

今日じゃなかったら備忘録したい感覚があったので備忘録。

 

1,「成長」という言葉が嫌いだったはずの話

2,「競争がモチベーション」だとヤバいって件

3, より良質なオナニーをするために、より高度な遊びができるために、朝は7時に起きて夜は24時に帰宅するのだ。

4, Yes/Noクエスチョンです

5, いつだって一番のユーザは自分。そういう基準。

 

 

WETをとりもどすための備忘録として