読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WETな備忘録

できなかったときの自分を忘れないように

ワサビが食えないって話

 

「ワサビの話」というのは、

何度となく語られた話。

第一回記事セルフ厨二ングはじめました の内容の簡易版みたいな話。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////

ワサビの話。

これは、人は変わるね、って話。

( 適宜、「ビール」や「コーヒー」に置き換えてもいい)

///////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ぼくは、小さいころワサビが苦手だった。

ほとんどの人の小さいころは、ワサビで辛い目(カライ目)に遭っていると思う。

 

こんなものを付けて食べる大人が、変人に見えた。

「頭おかしいんちゃうか?」と思った。

せっかくのオスシが台無しだ。

「僕は大人になってもワサビなんて付けへん!」と言った記憶も、わずかに有る。

 

 

とにもかくにも、「ありえない」と思っていた、

あのころは。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

年月が過ぎ、

 

「ワサビが食べられません」って言うひとは、ぼくの周りにもごくたまにいる。

 

「あたし、ワサビ駄目なんです」   うん。

「ワサビとか付けない方が普通に美味くないッスか??」  うんうん。

 

分かるよ、その気持ち。

 

しかしながら同時に、ぼくはこう感じざるを得ない。

 

「ワサビ抜きで食べるなんて、オスシの美味しさの半分は損してるな」

そして、

熱狂的オスシラヴァーのぼくは、

「かわいそうに・・・」とも思う。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////

 

人の趣味嗜好ってのは、時間がたてば大きく変わる。

驚くほど大きく、だ。

 

それは、

自分の中で「ありえない」とすら思っていたものが、

「無しでは生きていけない」と思うようになるぐらい、

だ。

 

趣味嗜好に限らず、人の考え方も、時間(やその他の要因)で大きく変わる。

驚くほど大きく、だ。

 

それは、

「絶対にありえない」「論理的に間違っている」と思っていたことが、

「よくあることだな」「いや、こう考えれば最強の理論だな」と思うようになるぐらい。

 

まさに、誰しもが「ワサビ」で経験してきたように。

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

  だから皆さんも、今現在しんどいな、とか、意味が無いな、とか、嫌だな、と思うような、

  人や事があったとしても、

  もしかしたら好きになるチャンスがあるかも知れません。

  むしろ、皆さんにとってとても重要な人や事になるかもしれません。

  皆さんにとって、ワサビがそうであったように。

  このチャンスを逃してしまったら、いわゆる「ワサビ抜き」の大人になってしまうかもですね。

 

 

という風に、いつもぼくの話は締められる。

 

しかし、自分で話していて、自分でもどこかに疑問を感じていた。

なんか、上から目線なのだわ。

 

自分の中で、

「でも、ワサビが食えなくてもいーじゃん?」という問いに対して、

腑に落ちる感覚が無かった。

 

 

答えではないが、その感覚値というか、肌感を今日見つけた。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

「ワサビが食えないことがどれだけの不利益か」

 

ということを考えてもあまり仕方がない。

 

というよりも、

「ワサビが食えないことがどれだけの不利益かを人に説明するのはナンセンス!シュビ! 」

 

ワサビが食える人にとってみれば、ワサビというのはオスシにおいて、

「あの程度」重要な要素である。

「ワサビが無いと食えん!ワサビ抜きなんて、半分損してる!」という程度だ。

 

一方、ワサビが食えない人にとってみれば、ワサビというのはオスシにおいて、

「その程度」重要な要素である。

「別に食えなくてもいいし、食えないからって好き嫌いの問題じゃね?」という程度だ。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

だからなんだ、って言うと、

 

  今、嫌だな、と思う人や事でも、未来の成長()につながるから頑張りなさい!

とか言うつもりは全然なくて、

 

せいぜい、

オスシが美味しくなるか否か程度の話だし、

そもそも「美味しい」という定義もいろいろなんだから、

「ワサビ」程度に考えておけばいいよ、ってこと。

 

 

「人間的な成長につながる」とか「仕事の幅が広がる」とか言うひとはよくいるけど、

別にそんな項目に食指が動かない人だっているのだから、

「ああ、この人はワサビのことを言ってるんだな」

ぐらいに受け止めておけばいいんじゃないだろうか。

 

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ともすれば偉そうな自分のための、備忘録として。